和装で厳かに行いたい?それなら格式のある神前式

神前式の長所は?可能な場所は?

挙式スタイルの中では最も人気なのは、今でも教会式です。でも、伝統的な婚礼衣装である白無垢や色打掛を着て行う、神前式も再評価されるようになりました。四季折々の美しさが楽しめる神社はパワースポットでもありますし、日本の文化と伝統を感じさせる挙式スタイルは、幅広い年齢層に支持されています。若いカップルやゲストの中には、気軽な雰囲気で楽しめるタイプの結婚式を好む人も多いですが、年配の親族が安心感を持つのは神前式のようなスタイルです。

神前式をする場合は、挙式プランを用意している神社や、専門式場やホテルなどに設置されている神殿で行います。専門式場などが提携している神社の神主と巫女たちが進行をしてくれるところも多いです。

神前式をする前に知っておくべきこと

神前式が可能な神社は歴史も古く由緒正しい所ばかりです。今後なくなる可能性は限りなく低いので、将来子供が生まれた時など、家族の健康と幸福を願う行事などに参加する際に訪問することで、さらに特別な思い出を重ねていくことができます。だからこそ、どこで式を挙げるか慎重に選ぶ必要があるのです。ちなみに費用に関してですが、挙式料金だけで考えると約20万円が相場と考えられています。屋外で式を挙げるので、天候に左右されやすい点は理解しておきましょう。雨が多い季節よりも、気候が安定している時期が最適です。

最近は新郎新婦の要望を取り入れて、両家の親族以外のゲストを招待できる神社も増えています。その一方で親族に限定している神社もあるので確認が必要です。